ご家族様と常に一緒にいたペットが亡くなることは大変辛いことです。
ご家族様には、大切な家族であるペットが安らかに旅立ちの時間を迎えられるように準備をしてあげて下さい。
また、ご家族様の気持ちの整理をつけるためにも十分にお別れをしてあげて下さい。

ペットが亡くなった際に行うこと

1.ご遺体は安らかにお休みできるように、いつも眠る時のように手足を胸のほうにやさしく折り曲げて、丸くなるようにしてあげて下さい。
亡くなってからの死後硬直は比較的早くから始まり、犬や猫の死後硬直は手足から腹部、頭部といった順序で早く広がります。臨終後そのまま放置しておくと、前後の足を伸ばしたまま硬直してしまい、棺に納まらなくなる場合がありますので、この行動がまず大事です。

2.湿らせたタオルで全身をやさしく拭いてあげて下さい。
口や肛門から体液が滲み出す可能性がありますので、全身をやさしく拭き取って下さい。
また、虫などがよらないよう出来るだけ注意して下さい。

3.毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えてあげて下さい。
安らかに眠れるように、まぶたや口を閉じてやり、毛並みや尻尾をブラシなどで整えて下さい。

4.できるだけ涼しい場所を選び、いつも使っていたお気に入りのタオルやブランケット等に敷いて寝かせてあげて下さい。
また、夏などの暑い時期は、ご遺体の痛みが早いので、保冷剤を用意してタオルにくるみ、お腹の中心にあたるように一緒に入れて下さい。

5.いつも寝ていたタオルやベッドに寝かせてあげて下さい。
ダンボールがある場合は、ダンボールを棺代わりにしてあげて下さい。いつも使っていたお気に入りのおもちゃなども一緒に添えてあげます。好物だったご飯やおやつに、仏花とお水を供え、お香や線香を焚いてあげます。

なお、3日以上の安置をご希望の場合、弊社にご連絡下さい。
専門の衣装品をご用意させて頂きます(別途費用)

ペットの火葬・葬儀のご相談・ご依頼0120-982-660その他のお問い合わせ TEL 06-6997-6888

メールでのお問い合わせ